手作り味噌を作ろう

misomaking

味噌づくりは通年できますが、寒造りがベスト。
なので、毎年2月だけに限定して開催しています。
大豆は北海道十勝の再高級品種「音更大振袖大豆」、米麹と麦麹は大分県で無農薬で栽培したものを農家さんが手作りで麹にしたものを使います。
オンラインでも参加できます。(材料とレシピは事前にお送りします)
対面のみ、大豆の前処理(前日から水に浸して柔らかくなるまで煮る)はこちらで行います。 ゆでた大豆をつぶすところから始めるので、所要時間は1時間程度です。

材料にこだわり、作り方にこだわった究極のみそ(出来上がり量2.5kg強)を作ります。

<材料>
●大分県産無農薬有機栽培の米麹 750g
●大分県産無農薬有機栽培の麦麹 750g
●北海道産天日干し青大豆 500g
●自然塩

<実施日>
2021年2月20日(土)
     21日(日)
     23日(火祝)
     26日(土)
     27日(日)

<実施時間>
14時~15時

<参加費>
対面 6,400円(上記材料費、事前準備費、講習費、レシピ含む)
オンライン 4,500円(上記材料費、講習費、レシピ含む)

対面のご予約はこちらから

オンラインのご予約はこちらから

<必要な準備物>
味噌をつけるための容器として、中蓋つき漬物樽6サイズ以上のものと2kg以内の重石(または重石の代用品として1kg袋入り塩でも可)はご準備ください。

作った味噌はお持ち帰りいただき、1年間熟成させたのち、お召し上がりいただけます。 究極の材料を使い、一年かけて熟成した味噌は、ホンマにおいしいです。 みそなど発酵食品は免疫力を上げるのに大変有効な食べ物です。 予想以上に簡単に作れます。
レシピつきですので、次からはご自分で作ることもできます。
期間限定で材料セットのみの販売もしていますのでこちらもご利用ください。